旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツアー日程

日程

  
ビスケー湾
ビスケー湾

旧市街徒歩圏ホテルに宿泊 サン・セバスティアンに4連泊するバスクへの旅 8日間

◆独自の文化・伝統が息づくバスク地方に滞在し、日ごとの小旅行で山のバスク、海のバスクを巡ります!

❖ 出発日/料金

旅行期間:8日間

2024年11月4日(月)~ 11月11日(月)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 二人部屋一人利用 ポイント 催行状況
11月4日 598,000円 119,000円 ▶新発表
出発日

2024年11月4日(月)

旅行代金 598,000円
一人部屋追加代金119,000円
ポイント
催行状況▶新発表
パンフレット PDFパンフレット

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社:イベリア航空

◎添乗員:成田空港より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食6回・昼食4回・夕食3回(機内食除く)

◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくは、お問い合わせ下さい。

◎旅券残存期間:帰国時3カ月以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎成田空港使用料・保安サービス料:3,160円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ:80,040円(2023年12月現在)


※サン・ファン・デ・ガステルガッチェを望む展望台は、悪天候の場合は訪問できない場合がございます。

※ミシュラン1つ星レストランの食事は、アイノア村以外の場所でご案内する場合もございます。

※場所柄、利用ホテルはバスタブのないシャワーのみの浴室となる場合が多くなります。予めお含みおき下さい。

※サラウスのワイナリーは、現地側の事情により、訪問が不可となる場合がございます。その場合、代替観光にご案内します。


■関連ツアー

ピレネーを越え、聖地サンティアゴへ 14日間 10/9発

スペイン・フランス、カタルーニャの美しい町とロマネスクの至宝 10日間 11/13・3/5発


❖ ツアー地図

バスク地図sp バスク地図pc

❖ ツアーのポイント

スペインとフランスの国境をまたぐバスク地方はバスク語と呼ばれる固有の言語が今も使われ、独白の文化と伝統が息づいています。また、バスク地方は山や海に囲まれ自然豊かな地域のため食材も豊富で、美食の里が点在しています。

当ツアーは、その中でも洗練された雰囲気が漂うスペイン側の2都市、ビルバオに2泊、サン・セバスティアンには4連泊する旅。日ごとの小旅行で、大西洋に面した温暖な海バスクと、 ピレネー山脈の裾野に広がる山々に囲まれた美しい山バスク、 それぞれ異なるバスクの魅力をご案内します。

●昼食時、夕食時にドリンク・ウォーターをサービスします。

●イヤホンガイドサービスを使用します

❖ ツアーの見どころ

サン・セバスティアンに4連泊

「ビスケー湾の真珠」と呼ばれる風光明媚なサン・セバスティアンはスペイン王家の保養地として発展しました。山海の幸に恵まれた美食の街。4連泊し、滞在と日毎の小旅行を楽しみます。

サンセバスチャン
サンセバスチャンのバル
海のバスク
サン・ファン・デ・ガステルガツェ教会サンセバスチャン

ビスケー湾に突き出た小さな島の上に佇む教会。スペインの最も美しい風景にも選ばれた絶景です。

サン・ジャン・ド・リュズサンセバスチャンのバル

ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズが結婚式を挙げた素敵な海辺のリゾート。

ビルバオサンセバスチャン

バスク地方の経済と文化の中心地ビルバオ。現代アートで街が復興したことでも知られます。

ゲタリアサンセバスチャンのバル

カンタブリア海に面した長閑な港町。アンチョビの産地としても有名です。

山のバスク
アイノアアイノア

フレンチ・バスク山間の伝統村。17~18世紀のバスク調の民家が並びます。

エスプレットエスプレット

唐辛子の産地で家々の壁にずらりと干されています。

❖ ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京 ✈ ビルバオ
  • ■昼(12:20)、成田空港より、空路、マドリッド乗り継ぎ、 ビルバオへ。

    ■深夜、着後、ホテルへ。

  • 《ビルバオ泊》
  • 食事 朝:- 昼:- 夕:✈
  • 2日目:ビルバオ ~ サン・セバスティアン4連泊
  • ■午前、ビルバオ市内観光。モダンアートの殿堂グッゲンハイム・ ビルバオ美術館◎、近郊の世界最古の運搬橋ビスカヤ橋のゴンドラ試乗など。

    ■午後、「ビスケー湾の真珠」サン・セバスティアンへ。

    ■着後、サン・セバスティアンの観光モンテ・イグルトの展望台〇、サンタ・マリア教会〇など。

    ★夕食は、ピンチョスをどうぞ。

    ❖ アバ・サン・セバスティアン・ホテル

    旧市街の中心まで徒歩約10分と便利な立地。クラシカルな外観ながら内装はとてもモダンで快適です。屋上テラスからはウルメア川河口と旧市街が見渡せます。

    ホテル外観
    ホテル外観
    ホテル立地(左奥に旧市街)
    ホテル立地(左奥に旧市街)
  • 《サン・セバスティアン旧市街徒歩圏泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 3日目:サン・セバスティアン滞在(バイヨンヌ ~ サン・ジャン・ド・リュズ)
  • ■終日、フレンチ・バスクの海岸沿いの街々の観光

    ●フレンチ・バスクの中心バイヨンヌではサント・マリー大聖堂◎、バスク博物館◎などを観光。

    ●ルイ14世が結婚式を挙げた美しい港町サン・ジャン・ド・リュズでは、サン・ジャン・バティスト教会◎を訪問します。

  • 《サン・セバスティアン旧市街徒歩圏泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:サン・セバスティアン滞在
  • ■終日、自由行動。

    ❖ ご希望の方は、公共バスにてフランスとの国境を接する漁師町オンダリビアへ添乗員がご案内します。(実費要)

  • 《サン・セバスティアン旧市街徒歩圏泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:-
  • 5日目:サン・セバスティアン滞在(アイノア ~ エスプレット ~ サン・ジャン・ピエ・ド・ポール)
  • ■終日、フレンチ・バスクの山間部の観光

    ●バスクの雰囲気を色濃く残す小村アイノアの観光。 バスク伝統の家々が並ぶ街を散策します。

    ●その後、唐辛子の産地と知られる村エスプレット〇を訪れます。家々には唐辛子の束が吊るされています。

    ●また、サンティアゴ巡礼の宿場町サン・ジャン・ピエ・ド・ポール〇も訪れます。

    ★昼食は、アイノア村のミシュラン1つ星レストランにてお召し上がり下さい。

  • 《サン・セバスティアン旧市街徒歩圏泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 6日目:サン・セバスティアン ~ サラウス ~ ゲタリア ~ ゲルニカ ~ ビルバオ
  • ■午前、発泡性白ワイン「チャコリ」の産地サラウスへ。着後、ワイナリー◎見学(※)と試飲をお楽しみ下さい。その後、長閑な漁村ゲタリア〇を散策。

    ■午後、ゲルニカへ。着後、バスク議事堂◎、ゲルニカの木〇などゲルニカ市内観光

    ■午後、サン・ファン・デ・ガステルガツェ教会を望む展望台〇に立ち寄り、ビルバオへ。

  • 《ビルバオ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 7日目:ビルバオ ✈
  • ■午前、空路、マドリッド乗リ継ぎ、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:✈
  • 8日目:東京
  • ■午前(10:10)、成田空港着。通関後、解散。