旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツア日程

日程

  
ワイルドフラワー

西オーストラリアの大自然とワイルドフラワー 9日間

燃油サーチャージなし 世界一のワイルドフラワー・エリアで可憐な花々の饗宴を鑑賞。また、地球が創り出した圧倒の大自然・絶景の数々も堪能します

❖ 出発日/料金

旅行期間:9日間

2024年9月6日(金)~9月14日(土)

PDFパンフレット
出発日旅行代金一人部屋
追加代金
ポイント催行
状況
9月6日598,000円88,000円▶催行確定
出発日9月6日(金)
日数9日間
旅行代金598,000円
一人部屋追加代金88,000円
ポイント燃油サーチャージなし
催行状況▶催行確定
パンフレット PDFパンフレット

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空:マレーシア航空

◎添乗員:成田空港より全行程同行致します。

◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくはお問い合わせ下さい。

◎食事:朝食6回、昼食5回、夕食5回(機内食除く)

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎旅券の残存有効期間:帰国時まで。

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎成田空港使用料・保安サービス料:3,010円

◎国際観光旅客税:1,000円

燃油サーチャージ:なし(2023年2月現在)


オーストラリア電子渡航許可(ETA)について

オーストラリア入国には、スマートフォンに専用アプリ「AustralianETA」をダウンロードした上で、『電子渡航許可(ETA)』の事前申請が必要となります。アプリでの申請の際、顔写真撮影とパスポート読み込み(スキャン)が必要となる為、旅行会社での代行取得は不可能となっています。『ETA( 電子渡航許可) のご案内(日本語の手引書)』をお送りしますので、お客様ご自身でのお手続きをお願い申し上げます。

尚、ご心配な方は、スマートフォンをご持参の上、弊社までお越しいただければ、スタッフが申請のお手伝いをさせていただきます。(その場合、手数料としてお一人様につき4,400円/税込を申し受けます)。詳しくはお問合せ下さい。


※4日目、ハメリンプールにてストロマトライトがご覧いただけない場合もございます。その場合、6日目、テティス湖にてストロマトライトをご覧いただきます。

※5日目、イルカの餌付けは、野生動物の為、最終的にご覧いただけない場合もございます。

※お土地柄、ホテルは簡素な設備のものが多く、浴室はシャワーのみになる場合が多くなります。また、ホテルにポーターがいない場合が殆どです。お手数ですが、お客様ご自身でスーツケースをお運び下さいますよう宜しくお願いいたします。


■関連ツアー

▶︎ 驚異のナミブ砂漠、孤高のヒンバ族、そしてナマクワランドの野生の花々へ13日間 8/16発

▶︎ ナマクワランドの野生の花々と南部アフリカ5カ国への旅 14日間 8/18発


❖ ツアー地図

西オーストラリア地図pc 西オーストラリア地図sp

ツアーのポイント

添乗員に加え、花に詳しい日本語ガイド同行!

・世界で最も多い1万2千種以上のワイルドフラワーが自生する西オーストラリア。今回、四大花街道を巡り、花が咲く場所で臨機応変にフラワーウォッチングをお楽しみいただきます。。

・世界でもここ、西オーストラリアでしか見ることが出来ない驚異の景色にご案内します。

燃油サーチャージのないマレーシア航空を利用


・イヤホンガイドサービスを使用します。

ツアーの見どころ

❖ ワイルドフラワーの宝庫・西オーストラリア~四大花街道を行く~

西オーストラリア州はフラワーステートとも呼ばれ、世界で最も多い1万2千種以上のワイルドフラワーが自生しています。7月頃、北部から咲き始め、パース及びパース以北のワイルドフラワー・エリアでは9月過ぎに開花のピークを迎えます。

今回、西オーストラリアの四大花街道を巡り、辺り一面がピンクや黄色、白に染まった圧巻の風景や、花の冠のようなリースフラワー、南十字星の形をしたサザンクロス、カンガルーの尾のような形をしたカンガルーポーなど特徴的な花を探します。各街道では花が咲いている場所で臨機応変に下車し、フラワーウォッチングをお楽しみいただきます。

旅の最後は、州都パースに2連泊。西オーストラリア各地のワイルドフラワー約三千種が集められるキングスパークにご案内します。ツアーで出会った花の復習にもなるでしょう。


リースフラワー
リースフラワー
フリンジドリリー
フリンジドリリー
カンガルーポー
カンガルーポー
エバーラスティング
エバーラスティング
カウスリップオーキッド
カウスリップオーキッド
イメージ
イメージ

◆◆◆ワイルドフラワーについて◆◆◆

ワイルドフラワーの開花状況によっては、臨機応変に観光ルートを変更する場合もございますので、予めお含みおき下さい。また、例年最もご覧いただける時期に合わせて設定しておりま すが、自然現象でございますので、異常気象などにより十分に花々がご覧いただけない可能性もございます。その可能性もご了承の上、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

~他では見られない~西オーストラリア・驚異の大自然

❖ ウェーブロック

太古時代の花崗岩が風雨の影響で、海面から盛り上がった波のような姿に浸食されたと考えられています。

ウェーブロック

❖ ピナクルス

砂漠に1000本以上の奇岩が並ぶ光景は別名“荒野の墓標”と呼ばれます。原生林が枯れ、中に堆積した石灰層だけが残って出来ました。

ピナクルス

❖ シェルビーチ

大昔から蓄積された貝殻が、長い年月の間、風雨により砂だけが飛ばされ、貝殻だけのビーチになりました。

シェルビーチ

❖ ピンク・ハット・ラグーン

湖水に生息するバクテリアが体内でピンク色の色素(カロチン)を生成するためと言われます。

ピンクハットラグーン

ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京(羽田) ✈
  • ■夜(22:30)、成田空港より、空路、クアラルンプール乗り継ぎ、西オーストラリアの玄関口パースへ向かいます。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:× 昼:× 夕:✈
  • 2日目:パース 〜 ダルワリヌ
  • ■午後、パース着後、ワイルドフラワー街道の基点近くの町ダルワリヌに向かいます。

  • 《ダルワリヌまたは周辺都市泊》
  • 食事 朝:× 昼:✈ 夕:○
  • 3日目:ダルワリヌ 〜 ワイルドフラワー街道 ~ ピンク・ハット・ラグーン 〜 カルバリー
  • ■終日、ワイルドフラワー街道(正式名称:ムレワ~ウービン・ロード)を花を探しながらドライブ。ピンク、黄色、白のエバーラスティングが群生していることからエバーラスティング街道とも呼ばれます。

    ■途中、希少なリース・レシュノルティアの群生を探しながら、カルバリーまで北上します。

    ■その後、ピンク色の湖水のピンク・ハット・ラグーン〇にも立ち寄ります。

  • 《カルバリー泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:カルバリー(カルバリー国立公園)〜 ノーザン・エクスプローラー街道 〜 ハメリンプール 〜 シェルビーチ 〜 モンキーマイア
  • ■午前、カルバリー国立公園の観光。インド洋に面した海岸沿いの散策路ナチュラル・ブリッジ〇にてフラワー・ウォッチングにご案内します。その後、壮大な峡谷が続く国立公園内陸部を訪れ、大地に咲く野花の鑑賞と散策をお楽しみ下さい。

    ■午後、ノーザン・エクスプローラー街道をドライブし、シャーク・べイ(世界遺産へ。着後、生命の起源といわれる化石ストロマトライトがご覧いただけるハメリンプール〇(※)、白い貝殻が敷き詰められたシェルビーチ〇にご案内します。

    ■観光後、野生のイルカがやって来ることで知られるモンキーマイア・ドルフィン・リゾートに向かいます。

  • 《モンキーマイア・ドルフィン・リゾート泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:モンキーマイア 〜 ジェラルトン
  • ■午前、モンキーマイア〇にて野生のイルカの餌付けを見学します。

    ■観光後、一路、インド洋に面した港湾都市ジェラルトンに向かいます。

    ★夕食は、シーフードをどうぞ。

  • 《ジェラルトン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:ジェラルトン ~ ブランド・ハイウェイ~ ウエスタン・フローラ ~ レシュール国立公園 ~ ピナクルス ~ パース
  • ■午前、インド洋沿いの花街道ブランド・ハイウェイをドライブ。途中、東京ドーム約15個分と広大な自然公園ウエスタン・フローラ〇に立ち寄り、フラワーウォッチングをお楽しみ下さい。その後、野生のランなど約800種のワイルドフラワーが自生するレシュール国立公園〇にてフラワーウォッチングにご案内します。

    ■午後、ナンバン国立公園ピナクルス〇の観光。“荒野の墓標”と呼ばれ、砂漠に柱状の奇岩が立ち並ぶ不思議な光景をご覧下さい。観光後、パースへ戻ります。

  • 《パース泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 7日目:パース滞在(ウェーブロック街道)(ヨーク)(ウェーブロック)
  • ■終日、ウェーブロック街道の観光。19世紀の趣ある建物が残る町ヨーク〇、風雨の浸食より波のような姿になった一枚岩ウェーブロック〇、アボリジニの壁画が残るムルカスケーブ〇にご案内します。また、道中、ワイルドフラワーの咲いている場所を探します。

  • 《パース泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 8日目:(キングス・パーク)パース ✈
  • ■午前、パース市内観光。州鳥であるブラックスワン(黒鳥)が住むモンガー湖〇、3000種以上のワイルドフラワーが集まるキングスパーク◎など。また、近郊のワイヤレス・ヒル〇にもご案内します。

    ■午後、空路、クアラルンプール乗り継ぎ、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:✈
  • 9日目:東京
  • ■午前(07:40)、成田空港着、入国、通関後、解散。