旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

島々の紹介

島々

|

ツア日程

日程

  
ティンドホルムル島
ティンドホルムル島

世界で最も憧れの島 フェロー諸島への旅

ノルウェーとアイスランドの間に浮かぶフェロー諸島。雄大な大自然と牧歌的な村々、野鳥の楽園でもあるフェロー諸島に4連泊

❖ 出発日/料金

旅行期間:8日間

2024年7月18日(木)~ 7月25日(木)

2024年8月20日(火)~ 8月27日(火)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 一人部屋
追加代金
ポイント 催行
状況
7月18日 669,000円 97,000円 ▶催行確定(要問合せ)
8月20日 649,000円 97,000円 ▶催行確定
ビジネスクラス追加料金490,000円
プレミアムエコノミークラス追加料金200,000円

上記利用区間:東京~コペンハーゲン往復※お席には限りがあります。お早めに

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社:スカンジナビア航空。

◎添乗員:羽田空港より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食6回・昼食3回・夕食4回(機内食除く)

◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくは、お問い合わせ下さい。

◎旅券残存期間:帰国時3カ月以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎羽田空港使用料・保安サービス料:3,050円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ:84,600円(2024年2月現在)


※最果ての地のため、天候の影響で行程、その他が変更となる場合もございます。予めご了承下さい。

※パフィンなどの野鳥は必ず見られるとは限りません。予めお含みおき下さい。

※利用するバスは、中型サイズとなります。予めお含みおき下さい。

※土地柄、空港及びホテルにポーターがいない場合が殆どです。その場合は、お客様ご自身でスーツケースをお運びいただきますようご協力宜しくお願いいたします。

❖ ツアー地図

フェロー諸島地図
フェロー諸島詳細地図

❖ ツアーのポイント

ノルウェーとアイスランドの間に浮かぶ大小18の島からなるデンマーク自治領・フェロー諸島。島々には500kmに及ぶ舗装道路が走り、中心部の主要な島々は橋と海底トンネルで結ばれています。今回、4泊滞在し、島内ドライブ、ハイキング、クルーズなどで、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌において「世界で最も憧れの島」にも選ばれた千変万化の「絶景」をご覧下さい。

・イヤホンガイドサービスを使用します

❖ 島々の紹介

島名 人口 面積 最高標高
ティンドホルムル島 無人島 0.65km2 262m
ミキネス島 14人 10km2 560m
エストロイ島 10810人 286.3km2 882m
ヴァーガル島 3367人 176km2 722m
ストレイモイ島 24276人 373km2 789m

フェロー諸島は、北極圏の海洋性気候に属しており、年間を通じて涼しく湿度が高い傾向があります。夏季でも平均気温は10℃前後と低く、特に海岸部では風が強く、肌寒い日もあります。また、天候が不安定で急に雨が降ることもあるため、以下のような服装がおすすめです。


  1. ・防水性や防寒性に優れたジャケットやレインコート
  2. ・防水性に優れた靴、あるいは防水スプレーで加工した靴
  3. ・ライトダウンやフリースなどの中間服
  4. ・帽子や手袋などの防寒小物

ティンドホルムル島

ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌において表紙を飾った島。紺碧の海からそそり立つように天に伸び上がる絶壁の孤島(無人島)です。

ティンドホルムル島
ミキネス島

夏の間、愛らしいパフィンをはじめ、カツオドリ、ウミバト、ミツユビカモメ、ミヤコドリなどが棲みつく「野鳥の楽園」。バードウォッチングしながらハイキングをお楽しみ下さい。

ミキネス島
パフィン

エストロイ島

島北部、対岸のカルソイ島の断崖を望む小村ギョグを訪問

小村ギョグ
ヴァーガル島

海に滝が流れ込む展望ポイントや、切り立った崖に囲まれ、湖の水が海へ溢れるように見えるソルヴァグスヴァテン湖を訪問。

ヴァーガル島
ソルヴァグスヴァテン湖

ストレイモイ島

フェロー諸島で最大で最も人口が多い島。南部には首都トシュハウンがあります。北部の入り江の奥のチョルトナヴィーク村、壮大なカルドバクス・フィヨルド、ヴェストマンナの断崖クルーズなどにご案内。

ストレイモイ島
ストレイモイ島

❖ ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:羽田 ✈ コペンハーゲン
  • ■午前(11:45)、羽田空港より、スカンジナビア航空直行便にて、コペンハーゲンへ。

    ■夕刻、着後、ホテルへ。

  • 《コペンハーゲン空港ホテル泊》
  • 食事 朝:× 昼:✈ 夕:×
  • 2日目:コペンハーゲン ✈︎ フェロー諸島(ソルヴァグスヴァテン湖)
  • ■午前、空路、デンマーク領フェロー諸島へ向かいます。

    ■昼、フェロー諸島着。

    ■午後、ヴァーガル島のソルヴァグスヴァテン湖〇に立ち寄り、湖の先端までのハイキングにご案内します。 切り立った崖に囲まれ今にも湖の水が海へ溢れるように見えることで知られています。(往復約2.5時間:未舗装の道で、ほぼ平坦、最後に登りあり。同じ道を折り返します。)

    ■その後、ストレイモイ島のトシュハウンへ。

  • 《フェロー諸島トシュハウン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:○
  • 3日目:フェロー諸島滞在(ヴェストマンナ遊覧クルーズ)
  • ■午前、ストレイモイ島ヴェストマンナ周辺の断崖・遊覧クルーズをお楽しみ下さい。海抜600m以上の絶壁から岩礁の間を抜けて、波の浸食によって出来た洞窟までご案内します。絶壁、狭い入江、洞窟とフェロー諸島の醍醐味をご堪能下さい。

    ■午後、世界一小さな首都トシュハウンの観光。旧市街レイニ○、ヴァイキングの議会跡ティンガネス○、スカンセン要塞○など。

  • 《フェロー諸島トシュハウン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:フェロー諸島滞在(ヴァーガル島)(ティンドホルムル島)(ミキネス島)
  • ■午前、ヴァーガル島北西の観光ガサダール村を訪れ、海に滝が流れ込む展望ポイント〇にご案内します。その後、船にてミキネス島へ。途中、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌の表紙に選ばれた尖がった島ティンドホルムル島の景観を楽しみます。

    ■午後、夏の間何千もの渡り鳥が棲みつく「野鳥の楽園」ミキネス島の観光。愛らしいパフィンやカツオドリなどを観察しながら、灯台までのトレイル・ルートのハイキング(往復約3時間:多少の起伏あり)をお楽しみ下さい。

    ■その後、船と専用車でトシュハウンに戻ります。

  • 《フェロー諸島トシュハウン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:フェロー諸島滞在(ストレイモイ島)(エストロイ島)
  • ■午前、ストレイモイ島北部の観光。フェロー諸島で最大落差(147m)のフォスア滝○、入り江の奥の小村チョルトナヴィーク○、芝屋根の家々が並ぶサクスン村〇など。その後、大西洋にかかる唯一の橋を渡り、エストロイ島へ。

    ■午後、エストロイ島北部の観光。フェロー諸島最高峰スレックタラティンドゥール山(882m)の麓のエイディ村○とギョグ村○を訪れ、のどかな風景の中を散策。 その後、ストレイモイ島に戻り、ソルンフェトルの展望ポイント〇へ。カルドバクス・フィヨルドの絶景をご覧いただきます。観光後、トシュハウンに戻ります

  • 《フェロー諸島トシュハウン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:フェロー諸島 ✈︎ コペンハーゲン
  • ■午前、自由行動。

    ■午後、空路、コペンハーゲンに向かいます。

    ■着後、空港ホテルへ。

  • 《コペンハーゲン空港ホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:-
  • 7日目:コペンハーゲン ✈
  • ■午前、空路、スカンジナビア航空の直行便にて、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:✈
  • 8日目:東京
  • ■朝(07:55)、羽田空港着。通関後、解散。