旅のデザインルーム 旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツアー日程

日程

  
昌徳宮(ソウル)
昌徳宮(ソウル)

世界遺産・済州島も訪れる秋の韓国大周遊 7日間

紅葉の季節・秋の特別企画 世界自然遺産1カ所、世界文化遺産10カ所を訪問。秋の韓国を済州島も含めて大周遊!

❖ 出発日/料金

旅行期間:7日間

2024年11月5日(火)~11月11日(月)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 1人部屋
追加代金
ポイント 催行
状況
11月5日 329,000円 57,000円 ▶催行見込
出発日11月5日
日数7日間
旅行代金329,000円
ニ人部屋1人利用57,000円
ポイント紅葉の季節
催行状況▶催行見込
パンフレット10/5発PDFパンフ

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社:大韓航空。

◎添乗員:羽田空港より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食6回・昼食5回・夕食4回(機内食除く)

◎旅券残存期間:入国時3カ月以上

◎旅券査証欄余白:見開き2ページ以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

◆旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます◆

◎羽田空港使用料・保安サービス料:3,050円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ目安:9,800円(2024年6月現在)



※紅葉の時期は、例年の見頃に合わせておりますが、その年の気候によって変動する場合もございます。

※お国柄、ホテル、空港にポーターはおりません。予めお含みおき下さい。

※ご参加の人数によっては、中型バスを利用する場合もございます。

※現地の商習慣により、ツアー中、短時間ですが免税店にご案内させていただく場合がございます。予めお含みおき下さい。

❖ ツアー地図

韓国大周遊地図 韓国大周遊地図

❖ ツアーのポイント

世界自然遺産・済州島にて迫力の火山性地形と本土とは違った独自文化を堪能。そして釜山からソウルへ向かい、点在する10カ所の世界文化遺産を訪問。新羅千年の都・慶州や百済王朝最後の都・扶余など各時代を代表する貴重な歴史遺産の数々を巡ります。途中、昔ながらの生活が残る良洞民俗村にも立ち寄ります。韓国の歴史遺産、自然遺産、伝統の暮らしぶり、秋ならではの紅葉の見所、豊かな食文化など、韓国の全てを味わい尽くす、魅力満載の旅です。是非この機会にどうぞ。

見どころのご紹介

❖ 世界自然遺産・済州島を訪問

韓国最南端に位置する国内最大の島。中央には韓国最高峰の漢拏山(ハンラサン)がそびえます。「済州火山島と溶岩洞窟群」として世界自然遺産に指定されており、世界で一番大きい、海岸に突き出した噴火口・城山日出峰など迫力の自然景観がご覧いただけます。また、かつては耽羅国という独立国であったため、本土とは違った独自の風習、文化もご覧いただけます。

世界遺産・城山日出峰
世界遺産・城山日出峰
島の守り神・トルハルバン
島の守り神・トルハルバン

世界文化遺産は10ヵ所訪問

日本との関連深い百済・高句麗時代から朝鮮王朝時代まで波瀾の歴史を辿れば、偉大なる史跡たちに、歴史の息づかいを感じられるでしょう。➊新羅時代の仏教芸術の傑作 ・仏国寺と仏教芸術の最高傑作とされる釈迦如来が安置される石窟庵、❷慶州歴史遺産地区、❸海印寺の大蔵経板殿、❹朝鮮時代の伝統家屋が残る良洞村、❺扶余の百済歴史遺跡地区、❻建築美と風景が調和し王朝時代を偲ばせる水原華城、❼南漢山城、❽朝鮮王朝時代の優美な姿を留める離宮建築と庭園が見事な昌徳宮、❾朝鮮儒教の総本山・宗廟、❿朝鮮王陵の王墓群

水原華城
水原華城(スウォンファソン)
仏国寺
仏国寺(プルグクサ)

韓国ならではの伝統・文化

朝鮮王朝時代の伝統家屋が残る良洞民俗村(世界遺産)と済州島の伝統家屋群・城邑民族村を訪問。また、郷土色豊かな韓国料理の数々もご堪能下さい。

良洞民俗村(世界遺産)
良洞民俗村(世界遺産)
城邑民族村
城邑民族村
蓮の葉定食
蓮の葉定食
様々なキムチが並ぶ市場
様々なキムチが並ぶ市場

❖ ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京 ✈ 済州島
  • ■昼、羽田空港より、空路、釜山乗り継ぎ、済州島へ。

    ■着後、ホテルへ。

  • 《済州島/済州セントラルシティ泊》
  • 食事 朝:- 昼:- 夕:○
  • 2日目:済州島滞在
  • ■終日、済州島(世界遺産➊)の観光。世界遺産「済州火山島と溶岩洞窟群」の概要を展示する世界自然遺産センター◎、噴火口が要塞のように海に突き出した城山日出峰○(ソンサン・イルチュルボン)、済州道の伝統家屋が残る城邑民俗村◎(ソンウプ・ミンショクチョン)、海に流れ込む滝・正房瀑布○(チョンバンポクポ)など。

    ★昼食は、済州島名物・太刀魚料理をどうぞ。

    ★夕食は、済州島名物・黒豚料理をどうぞ。

  • 《済州島/済州セントラルシティ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 3日目:済州島 ✈ 釜山 ~ 仏国寺 ~ 石窟庵 ~ 慶州
  • ■午前、空路、釜山へ。

    ■着後、新羅千年の都であった慶州(キョンジュ)へ。

    ■着後、慶州周辺の観光。新羅仏教芸術の傑作とされる釈迦如来像が安置されている石窟庵(ソックラム)世界遺産❷◎と新羅時代の751年創建で、桜の名所としても知られる仏国寺(プルグクサ)世界遺産❷◎にご案内。

    ■その後、慶州歴史遺産地区(世界遺産❸)の観光国立慶州博物館◎、東洋で最も古い天文台の瞻星台○(チョムソンデ)にご案内します。

    ★昼食は、石焼ビビンパをどうぞ。

  • 《慶州/コモドホテル慶州泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:慶州 ~ 良洞民俗村 ~ 海印寺 ~ 大田
  • ■午前、朝鮮王朝時代の生活文化が残されている良洞民俗村(ヤンドンミンソンマウル)世界遺産❹◎の見学にご案内します。

    ★昼食は、山菜定食をどうぞ。

    ■午後、8万枚の大経典の木版「八万大蔵経」で名高い海印寺(ヘインサ)世界遺産❺◎を観光。観光後、かつて万博が開催された町・大田(テジョン)へ向かいます。

  • 《大田/大田インターシティホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 5日目:大田 ~ 扶余 ~ 水原華城 ~ 南漢山城 ~ ソウル
  • ■午前、百済王朝最後の都が置かれた扶余(プヨ)世界遺産❻へ。着後、百済時代の石塔を残す定林寺址(チャンニムサジ)○、百済滅亡の秘話の残る扶蘇山(プソサン)○を観光します。

    ★昼食は、蓮の葉定食をどうぞ。

    ■午後、李氏朝鮮時代の華麗な城・水原華城(スウォンファソン)世界遺産❼◎を見学します。観光後、首都ソウルへ。

    ■着後、郊外の南漢山城(ナムハンサンソン)世界遺産❽〇に立ち寄ります。

    ❖ 相鉄ホテルズ ザ・スプラジール ソウル明洞

    明洞地区に位置し、南大門市場まで徒歩5分と便利な立地。客室は白を基調としたシンプルでスタイリッシュな雰囲気。安心の日系ホテルです。

    相鉄ホテルズ外観
    相鉄ホテルズ室内
  • 《ソウル/相鉄ホテルズ ザ・スプラジール ソウル明洞泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:ソウル滞在(昌徳宮、宗廟)
  • ■終日、ソウル市内観光。19世紀まで王が執務を行った昌徳宮(チャンドックン)世界遺産❾◎、李氏朝鮮王朝の歴代王族を祀る宗廟(チョンミョ)世界遺産❿◎、朝鮮王陵世界遺産⓫)のひとつ宣陵公園(ソンルンコンウォン)◎、趣ある古い雰囲気が残る街並み・仁寺洞(インサドン)○にご案内します。

    ★昼食は、本場の豆腐チゲをどうぞ。

  • 《ソウル/相鉄ホテルズ ザ・スプラジール ソウル明洞連泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 7日目:青瓦台 ~ ソウル ✈ 東京
  • ■午前、自由行動。

    ❖ ご希望の方は、添乗員が実費にておすすめプランにご案内します。

    ■午後、2022年より一般公開となった、コバルトブルーの瓦屋根が印象的な旧韓国大統領府・青瓦台◎の観光にご案内します。

    ❖ 青瓦台(チョンワデ)

    ソウルでは鮮やかな青い瓦の旧大統領官邸・青瓦台にもご案内。2022年5月より一般公開になりました。

    青瓦台

    ■夜(19:20)、空路、帰国の途へ。

    ■夜(21:35)、羽田空港着。通関後、解散。