旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツアー日程

日程

    
カルタゴ遺跡
カルタゴ

7ヵ所の世界遺産を訪れるチュニジア周遊の旅

チュニジアの変化に富んだ見所を満喫!ベルベル風ホテルや砂漠ホテルにも宿泊。首都チュニスは5つ星ホテルに3連泊!

❖ 出発日/料金

旅行期間:11日間

2023年12月 1日(金)~ 12月11日(月)

2024年2月8日(木)~ 2月18日(日)

2024年3月1日(金)~ 3月11日(月)

2024年4月19日(木)~ 4月29日(日)

12/1発パンフ 2-4月発パンフ
出発日旅行代金一人部屋
追加代
ポイント催行
状況
12月1日 369,000円 45,000円 問合せ多数
2月8日 379,000円 45,000円 新発表
3月1日 388,000円 45,000円 新発表
4月19日 398,000円 45,000円 新発表

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社:カタール航空。

◎添乗員:(成田空港/羽田空港)より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食8回・昼食7回・夕食8回(機内食除く)

◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくは、お問い合わせ下さい。

◎旅券残存期間:帰国時3カ月以上

◎旅券査証欄余白:2ページ以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎羽田空港使用料・保安サービス料:2,950円

(成田空港使用料・保安サービス料:3,010円

◎国際観光旅客税:1,000円

燃油サーチャージ:なし(2023年10月現在)


※サハラ砂漠の日の出は、天候によりご覧いただけない場合もございます。予めお含みおき下さい。


※クサールギレンにはスーツケースはお持ちいただけませ ん。1 泊分の荷物が入るボストンバックをお持ち下さい。


■関連ツアー

▶︎チュニジア周遊とジェルバ島 15日間

▶︎6ヵ所の世界遺産を訪れるアルジェリア周遊の旅 10日間


❖ ツアー地図

チュニジア旅行地図

ツアーのポイント

保存状態の良い壮大な遺跡群、美しいモザイク画、内陸のオアシス、幻想のサハラ砂漠、ベルベル文化、爽やかな地中海沿いのリゾートなど、イスラムの国でありながらバラエティに富んだ内容充実のチュニジアの旅です。

・ベルベル風のホテルや砂漠ホテルにも宿泊

・最大20名限定の少人数の旅

・スーツケースは無料宅配サービスで身軽に空港へ

ツアーの見どころ

  • ◆7ヵ所の世界遺産へご案内◆
  • ①古都ケロアン
    ②ドゥッガ遺跡
    ③スース旧市街
    ④チュニス旧市街
    ⑤カルタゴ遺跡
    ⑥エルジェム円形闘技場
    ⑦ケルクアン
  • 待望の再オープン!バルドー博物館
  • 質の高いモザイク画のコレクションは世界最大規模。「チュニジアのルーブル」と呼ばれます。2023年9月に2年ぶりに再オープンしました。
  • バルドー博物館

    バルドー博物館

    バルドー博物館

    バルドー博物館

  • 白と青の世界・シディ・ブ・サイド
  • 首都チュニスに近く「チュニジアで一番美しい街」とされるシディ・ブ・サイドは、チュニジア人にとっても憧れの街です。1900年代初頭に世界初(とされる)の景観保護政令で無秩序な開発が禁じられ、白い壁と青い扉の美しい街が作られました。
  • サハラ砂漠でラクダ乗り体験
  • 地中から湧き出た温泉を利用して出来たオアシス都市クサール・ギレンはサハラ砂漠の玄関口として、いにしえから旅人たちの中継地点となっていました。街を囲む「赤い砂漠」にてラクダ乗り体験が出来ます。

ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京 ✈️
  • スーツケースは無料宅配サービスで、身軽に空港へ。

    9~12月発:■夜、羽田または成田空港より、空路、ドーハへ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:- 昼:- 夕:✈
  • 2日目:チュニス 〜 ケロアン
  • ■ドーハにて航空機を乗り継ぎ、チュニジアの首都チュニスへ。

    ■チュニス着後、北アフリカのイスラムの聖地として発展したケロアンへ。

    ■途中、世界最長のローマ水道橋、ザグーアンの水道橋○に立ち寄ります。

  • 《ケロアン泊》
  • 食事 朝:✈ 昼:- 夕:○
  • 3日目:ケロアン 〜 トズール
  • ■午前、世界遺産❶ケロアン市内観光。北アフリカで最大のグランド・モスク◎、マグレブ一美しいといわれるシディ・サハブ霊廟◎などにご案内します。

    サハラのオアシスの町、トズールへ向かいます。着後、トズールのメディナ○にご案内します。

  • 《トズール泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:トズール 〜 オング・エル・ジュメル 〜 ジェリド湖 〜 ドゥーズ 〜 マトマタ
  • ■午前、四輪駆動車に分乗し、映画「イングリッシュ・ペイシェント」や「スター・ウォーズ」のロケ地オング・エル・ジュメル◯を訪れます。ラクダ岩などの奇岩や荒涼とした白砂漠の光景をお楽しみ下さい。

    ■観光後、巨大な塩湖ジェリド湖◯を縦断し、穴居住居で知られるマトマタへ。

    ■途中、かつては砂漠の隊商都市であったドゥーズ◯に立ち寄ります。

  • ❖ マトマタ/ベルベル風穴居ホテル:ディアール・エル・ベルベル 泊

    ベルベルの穴居住居を模したマトマタで一番のホテル。内装もベルベル風でエキゾチックな雰囲気。

    ディアール・エル・ベルベル
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:マトマタ 〜 クサール・ギレン
  • ■午前、マトマタの観光へ。山間の岩盤に彫られた穴居住居◎を見学します。

    ■午後、四輪駆動車に分乗して、サハラのオアシス、クサール・ギレンへ向かいます。

    ■着後、ご希望の方は、砂漠のラクダ乗りをお楽しみ下さい。

    ❖ クサール・ギレン/ヤディス 泊

    周囲をサハラ砂漠に囲まれたオアシスの中のテント・ホテル。テント内はトイレ、シャワー、ベッド、電気、冷暖房完備の快適なホテルです。

    ※クサールギレンにはスーツケースはお持ちいただけません。1泊分の荷物が入るボストンバックをお持ち下さい。

    テントホテル外観
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:クサール・ギレン 〜 エル・ジェム 〜 スース
  • 朝、ご希望の方は、サハラ砂漠での朝日見学へご案内します。

    ■午前、エル・ジェムに向かい、世界遺産❷円形闘技場◎を見学。

    ■午後、世界遺産❸スース旧市街の観光。メディナ○を散策し、メディナで最古の建造物である砦リバト○、グランド・モスク○にご案内します。


    ※サハラ砂漠の日の出は、天候によりご覧いただけない場合もございます。予めお含みおき下さい。

  • 《スース泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 7日目:スース 〜 ナブール 〜 ケルクアン 〜 チュニス
  • ■午前、陶器の町ナブール○にご案内します。

    ■午後、ボン岬半島の先端、フェニキア都市遺跡が残る世界遺産❹ケルクアン○を訪れます。観光後、チュニスへ戻ります。
  • 《チュニスまたは郊外/5つ星ホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 8日目:チュニス滞在(カルタゴ)(シディ・ブ・サイド)
  • ■午前、チュニス郊外、世界遺産❺カルタゴ遺跡の観光。トフェの墓地○、ビュルサの丘○、古代カルタゴの港○、共同浴場跡○などにご案内。

    ■その後、チュニジアン ・ ブルーと白い家壁が映える町シディ・ブ・サイド○にて、散策と昼食をお楽しみ下さい。邸宅内部(ダール・エル・アンナビ)◎も訪れます。

    ■午後、モザイク画のコレクションは世界一といわれるバルドー博物館◎(※)を見学。その後、世界遺産❻メディナ○を散策します。

    ※バルドー美術館は2023年1月現在、修復のため閉館しております。近日中に開館となる予定ですが、 渡航時に閉館が続いていた場合は代替として、日程6日目にエルジェム博物館へご案内します。

  • 《チュニスまたは郊外/5つ星ホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 9日目:チュニス滞在(ブラ・レジア遺跡)(ドゥッガ遺跡)
  • ■午前、美しい地下モザイクが残るブラ・レジア遺跡◎にご案内します。

    ■午後、チュニジアの中で最も保存状態の良い遺跡の一つ世界遺産❼ドゥッガ遺跡◎にご案内します。
  • 《チュニスまたは郊外/5つ星ホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 10日目:チュニス ✈️
  • ■午後、空路、ドーハへ。乗り継ぎ、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:✈
  • 11日目:東京
  • ■夕刻~夜、成田空港着、入国、通関後、解散。

    スーツケースは無料宅配サービスで身軽にご自宅へ。