旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツアー日程

日程

  

ハプスブルク家の香り漂う港町・トリエステに滞在 9日間

ハプスブルク家が築いた美しい港町に7連泊し、フリウリ州の見所やユリアン・アルプス、イストラ半島など隣国も巡ります

❖ 出発日/料金

旅行期間:9日間

2024年5月14日(火)~ 5月22日(水)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 二人部屋一人利用 ポイント 催行
状況
5月14日 598,000円 129,000円 ホテルNHトリエステ 新発表

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社:ITAエアウェイズ、フランス航空など。

◎添乗員:羽田または成田空港より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食7回・昼食5回・夕食4回(機内食除く)

◎旅券残存期間:帰国時3カ月以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎羽田空港使用料・保安サービス料:3,050円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ目安:87,000円(2023年12月現在)



※成田空港発着となる場合もございます。その場合、空港使用料・保安サービス料は3,010円となります。

※教会、僧院、修道院などは、ミサや巡礼の時期、その他の理由で入場出来ない場合もございます。その場合、代替観光にご案内します。

※観光順序を入れ替えてご案内する場合もございます。

❖ ツアー地図

トリエステ地図

ツアーのポイント

◆当ツアーでは、トリエステにゆったり7連泊し、フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州の小さな珠玉の街々を巡ります。

◆また、隣国スロベニアも訪れ、ユリアン・アルプスの美しい景勝地トルミンカ渓谷を訪れます。

・イヤホンガイドサービスを使用します

・昼食時、夕食時にドリンク・ウォーターをサービスします

利用ホテル:ホテルNHトリエステ

大運河と中央駅との中間に位置し、壮麗な建物が並ぶイタリア統一広場へも徒歩約8分と便利な立地。内装はモダンで快適です。

ツアーの見どころ

  • トリエステ
  • イタリアの最東端フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州の州都トリエステ。ローマ時代からの歴史を持ち、その後、アクイレイア、ヴェネチアの支配を経て、14世紀末にオーストリア・ハンガリー帝国の庇護下に入り貿易港として栄えました。マリア・テレジアの時代に帝国唯一の海への玄関口として栄え、ハプスブルク家の雰囲気漂う、ネオ・クラシックの美しい街並みが整備されました。皇妃エリザベートはトリエステを愛し、この港からマルタ島やコルフ島などへ旅に出たと云われています。また、須賀敦子さんのエッセイ『トリエステの坂道』で描かれた街としても有名です。

  • グラード
  • トリエステ湾を挟んでトリエステと対岸に位置する本土と1本の橋で繋がる干潟の島。5世紀からの歴史があり、旧市街には初期キリスト教会が残ります。
  • アクイレイア
  • 紀元前の古代ローマ植民都市に由来し、中世には総大司教座を持つ都市として発展。バジリカの床一面を覆う4世紀のモザイクは壮観。ローマ遺跡とともに世界遺産に登録されました。
  • チヴィダーレ・デル・フリウリ
  • カエサルの時代に古代都市として繁栄、その後、中世初期のロンゴバルド王国の第一番目の首都として繁栄。長い歴史を通して様々な民族・国家に治められてきました。世界遺産に登録。

ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京(羽田) ✈ ベネチア 〜 トリエステ
  • ■午前~午後、羽田空港より、空路、欧州内都市乗り継ぎ、ベネチアまたはトリエステへ向かいます。

    ■着後、トリエステのホテルへ。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:- 昼:- 夕:✈
  • 2日目:トリエステ滞在(ミラマーレ城)
  • ■午前、ご休憩下さい。

    ★昼食は、トリエステ名物パンのニョッキをどうぞ。

    ■午後、トリエステ市内観光。町の中心イタリア統一広場〇、皇妃エリザベートの像〇、須賀敦子作『トリエステの坂道』に登場するウンベルト・サバ書店〇、サン・ジュスト聖堂◎と海と町を見下ろすサン・ジュスト城○、マクシミリアン大公が建設し、エリザベートも度々訪れた華麗なミラマーレ城◎など。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 3日目:トリエステ滞在(アクイレイア、グラード)
  • ■午前、アクイレイア(世界遺産)市内観光。見事なモザイクが残るバシリカ◎、ローマ時代の考古遺跡◎にご案内します。

    ★昼食は、フリウリ州の郷土パスタ「チャルソンス」をどうぞ。

    ■午後、 海に突き出た橋を一直線に進みグラードへ。着後、グラード市内観光。サンア・マリア・デッラ・グラッツェ教会◎、サンテウフェミア大聖堂◎など旧市街を散策します。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:トリエステ滞在(サン・ダニエーレ・デル・フリウリ、スピリンベルゴ)
  • ■午前、パルマ産と並びイタリアを代表する生ハムの産地サン・ダニエーレ・デル・フリウリを訪れます。生ハム工房◎、ドゥオーモ◎、美しい壁画が残るサンタントーニオ・アバーテ教会◎にご案内します。

    ★昼食は、生ハム料理をどうぞ。

    ■午後、中世の町スピリンベルゴの観光。美しい壁画が描かれた城〇、市庁舎〇など旧市街を散策。また、世界的に有名なモザイク学校◎も訪問し、まるでモザイク美術館のような校内を見学します。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:トリエステ滞在(トルミン渓谷)
  • ■終日、スロベニアのユリアン・アルプスの観光。ソチャ川沿いを北上、ターコイズ・ブルーの清流美しいトルミン渓谷のハイキング(所要1.5時間、約2km、標高差約100m)をお楽しみいただきます。その後、壮大なボカ滝〇に立ち寄った後、トリエステに戻ります。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:トリエステ滞在(チヴィダーレ・デル・フリウリ、ウーディネ)
  • ■午前、カエサルが築いた歴史ある町チヴィダーレ・デル・フリウリの観光。ナティゾーネ川に架かる悪魔橋〇、世界遺産サンタ・マリーア・イン・ヴァーレ小礼拝堂◎、ドゥオーモ◎など。

    ★昼食は、フリウリ州名物・豆や野菜の煮込み料理ヨータをどうぞ。

    ■午後、 ウーディネの観光。イタリア屈指の美しさといわれるリベルタ広場〇、サン・ジョバンニの柱廊〇、ドゥオーモ◎、『トリエステの坂道』の作者・須賀敦子さんが結婚式を挙げたサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会〇など。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 7日目:トリエステ滞在
  • ■終日、自由行動。ご希望の方は、添乗員が実費にて、おすすめプランにご案内いたします。

  • 《トリエステ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:-
  • 8日目:トリエステ(ベネチア) ✈️
  • ■早朝~夕刻、ベネチアまたはトリエステ空港へ向かいます。

    ■午前~夜、空路、欧州内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:- 夕:✈
  • 9目: ✈️ 東京
  • ■午前〜夜、羽田または成田空港着、入国、通関後、解散。