旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

地図

地図

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

ツアーの見どころ

見ど
ころ

|

ツア日程

日程

     

世界遺産クルシュ砂州やサーレマー島も訪れる バルト3カ国紀行 11日間

世界遺産クルシュ砂州、欧州の原風景サーレマー島、ラトヴィアのスイス・ガウヤ国立公園など景観美も満喫

❖ 出発日/料金

旅行期間:11日間

2024年5月27日(月)~ 6月6日(木)

2024年7月5日(金)~ 7月15日(月)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 一人部屋
追加代金
ポイント 催行
状況
5月27日 539,000円 66,000円 新発表
7月5日 559,000円 66,000円 リトアニア・歌と踊りの祭典 新発表

■条件 ご案内とご注意

◎利用予定航空会社一覧:LOT ポーランド航空、ターキッシュエアラインズなど

◎添乗員:成田または羽田空港より全行程同行します。

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎食事:朝食8回・昼食9回・夕食6回(機内食除く)

◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくは、お問い合わせ下さい。

◎旅券残存期間:帰国時3カ月以上

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎成田空港使用料・保安サービス料:3,010円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ目安:85,800円(2023年12月現在)



※ラトビア、リトアニア入国に際して、海外旅行保険加入が義務付けられています。詳しくは、お問い合わせ下さい。

※教会、修道院などは、ミサや巡礼の時期、その他の理由で入場出来ない場合もございます。その場合、代替観光にご案内します。

※羽田空港発着となる場合もございます。羽田発となった場合、空港使用料・保安サービス料は3,050 円となります。

❖ ツアー地図

バルト3国地図

ツアーのポイント

ハンザ同盟時代の商人が活躍し、栄華を極めた頃の街並みが残るエストニア、ラトヴィア、リトアニア。全宿泊が2連泊とゆとりの日程でご案内。3カ国の首都の旧市街は、何れも世界遺産に登録されています。街の観光だけでは単調になるところ、当コースでは以下のような自然・景観美もご堪能いただきます。

❖ 大自然が造り上げた神秘の光景・世界遺産クルシュ砂州も訪問。北のサハラとも呼ばれる雄大な風景をご堪能下さい。

❖ 美しい渓谷と深い緑・ラトヴィア共和国のスイスとも呼ばれるガウヤ国立公園にもご案内。

❖ ヨーロッパの原風景を残す素朴なサーレマー島とムフ島を訪ねます。

・イヤホンガイドサービスを使用します

・昼食時、夕食時にドリンク・ウォーターをサービスします

ツアーの見どころ

  • リトアニア
  • 正式名称:リトアニア共和国

    面積:6.5万平方キロメートル(日本の6分の1=東北地方と同等)

    人口:286万人(2023年 推定)

    首都:ヴィリニュス

  • トラカイ城

    トラカイ城

    リトアニア南西部、首都ヴィリニュス郊外に数百以上の湖沼が点在するトラカイ地方。この地は中世より地域一帯を領有していたリトアニア大公国の中心で、15世紀に入ってこの地にトラカイ城が建造されました。17世紀の戦争で廃墟と化しましたが、1961年にかつてのルネサンス様式で復元され今に至ります。

    十字架の丘

    十字架の丘

    リトアニア北部シャウレイの町から11kmほど離れた場所にある数千もの十字架が掛けられた古びた土の山。起源は現在もはっきりとは判明しておらず、十字架が初めて建てられたのは1831年のリトアニアがロシア帝国による支配を受けていた時代であることのみ判明しています。

  • ラトビア
  • 正式名称:ラトビア共和国

    面積:6.5万平方キロメートル

    人口:184万人(2022年 推定)

    首都:リーガ

  • リーガ旧市街

    世界遺産リーガ旧市街・市庁舎広場

    バルト3ヵ国最大の都市リーガ。13世紀にハンザ同盟に加盟して急速に発展。同時代の町並みが残る旧市街がダウガヴァ川東岸に広がり、その美しさは「バルト海の真珠」と称されるほど。1997年に世界遺産に登録されました。

    十字架の丘

    世界遺産クルシュ砂州

    最大幅3.8km、全長98km の細長い砂の半島。砂州の中の町ニダはトマス・マンの別荘があったことで知られ、彼はこの砂州の美しさを「北のサハラ」と称しました。

  • エストニア
  • 正式名称:エストニア共和国

    面積:4.5万平方キロメートル(日本の約9分の1)

    人口:約132万人(2019年1月)

    首都:タリン

  • タリン旧市街

    タリン旧市街

    サーレマー島・アングラの風車

    サーレマー島・アングラの風車

  • ◆リトアニア歌と踊りの祭典(7/5 発)
  • 4年に1度開催される世界無形文化遺産である「歌と踊りの祭典」。2024年は記念すべき100周年の年。ヴィリニュス滞在中、コンサートまたはフォークロアイベントにご案内します。
  • リトアニア歌と踊りの祭典

    リトアニア歌と踊りの祭典

ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京 ✈
  • ■夜、成田または羽田空港より、乗り継ぎ便にて、リトアニア共和国の首都ヴィリニュスへ向かいます。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:- 昼:- 夕:✈
  • 2日目:ヴィリニュス
  • ■午前、ヴィリニュス着。着後、ヴィリニュス市内観光。パノラマが楽しめるゲディミナス城◎や、大聖堂◎と鐘楼○、夜明けの門○、内部装飾が素晴らしい聖ペテロ・パウロ教会◎、杉原千畝氏の記念碑がある桜公園○にご案内します。

    ★昼食は、リトアニア伝統料理をご賞味下さい。

  • 《ヴィリニュス泊》
  • 食事 朝:✈ 昼:○ 夕:○
  • 3日目:ヴィリニュス 〜 トラカイ 〜 カウナス 〜 クライペダ
  • ■午前、赤屋根の中世の古城が美しいトラカイ自然公園の観光。湖上に浮かぶ絵のようなトラカイ城◎、及び伝統を守り続ける少数民族カライメの家々○など。

    ★昼食は、カライメの民族料理キビナイ(窯で焼いた肉入りのパイ)などをどうぞ。

    ■午後、中世の面影を残すリトアニア第二の都市カウナスの観光へ。高台より赤い三角屋根の家々が広がる旧市街の遠望やカウナス城○、杉原千畝記念館(旧日本領事館)◎、市庁舎広場○、ライスヴェス通りの散策など。観光後、港町クライペダへ。

    ❖❖❖ 杉原千畝記念館(旧日本領事館)❖❖❖

    故杉原副領事は、第二次大戦の初期、ナチスドイツの迫害から逃れるため日本の通過査証を必要とするユダヤの人々に対し、独断で夜を徹して査証を発行し、6000人の尊い命を救いました。その功績に対し、独立後のリトアニアより最高位の勲章を授けられました。

  • 《クライペダ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:クライペダ滞在(クルシュ砂州、パランガ)
  • ■午前、船にてスミルティネに渡り、大自然が造り上げた雄大な クルシュ砂州(世界遺産)へ。砂州の中程のニダでは、伝統的な漁師の家○や、奇妙な形をした木彫りの墓標○、トマス・マンの別荘(博物館)◎をご覧いただきます。

    ■午後、琥珀の産地として有名なパランガへ。石器時代の装飾品など約5000種の琥珀が展示されている琥珀博物館◎にご案内します。観光後、クライペダに戻ります。

  • 《クライペダ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:クライペダ 〜 十字架の丘 〜 ルンダーレ城 〜 リーガ
  • ■午前、数多くの伝説が残る十字架の丘○を訪れます。

    ■午後、国境を越えラトビアへ入国。バルトのベルサイユと呼ばれるルンダーレ城◎を見学します。その後、首都リーガへ向かいます。

  • 《リーガ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:リーガ滞在
  • ■午前、リーガの市内観光へ。聖ペテロ教会◎、聖ヨハネ教会○、リーガ城○、 三兄弟の家○、ブラックヘッドのギルド○、リーガの台所を支える中央市場◎など。

    ★昼食は、ラトヴィア伝統的料理をご賞味下さい。

    ■午後、自由行動。

  • 《リーガ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 7日目:リーガ 〜 ガウヤ国立公園 〜 サーレマー島
  • ■午前、ラトヴィアのスイスとも呼ばれているガウヤ国立公園へ。塔の上から豊かな緑の眺望が楽しめる13世紀のトゥライダ城◎などをご覧いただきます。

    ■午後、国境を越えエストニアへ入国。ヨーロッパの原風景が残るサーレマー島へ向かいます。

  • 《サーレマー島泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 8日目:サーレマー島 〜 ムフ島 〜 タリン
  • ■午前、サーレマー島・ムフ島の観光へ。ムフ島では、今も村民が暮らし、昔ながらの村落が残る野外博物館◎をご覧いただきます。 また、サーレマー島では、アングラの風車◎、異教の痕跡が残るカルヤ教会◎、クレッサーレ城〇などにご案内します。

    ■午後、フェリーで本土に渡り、エストニアの首都タリンへ向かいます。

  • 《タリン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 9日目:タリン滞在
  • ■午前、タリン市内観光へ。大聖堂○、アレクサンドル・ネフスキー聖堂◎、旧市庁舎前広場○、トームペア城○などにご案内します。

    ★昼食は、エストニア伝統料理をご賞味下さい。

    ■その後、自由行動。

  • 《タリン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 10日目:タリン ✈
  • ■終日、タリン郊外の観光。「歌と踊りの祭典」のステージ・歌の原○、ピョートル大帝がエカテリーナのために造ったカドリオルク公園○、伝統の木造建築の家々が残るエストニア野外博物館◎を見学します。

    ■午後~夜、空路、乗り継ぎ便にて、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:✈
  • 11日目:東京
  • ■午後~夜、成田または羽田空港着、入国、通関後、解散。