旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

地図

地図

|

ツアー日程

日程

|

条件/ご案内

条件

  
ノルウェージャン・ブレイクアウェイ

カリブ海の小さな島国を巡る船旅 15日間

ドミニカ共和国米領プエルトリコ英米領ヴァージン諸島アンティグア・バーブーダセントキッツ&ネイビス蘭領セントマーチンバハマ

❖ 出発日/料金

旅行期間:15日間

2024年12月11日(水)~ 12月25日(水)

PDFパンフレット
船室タイプ 旅行代金 一人部屋追加代金 ポイント 募集状況
内側船室 498,000円 164,000円 ▶新発表
海側船室 549,000円 219,000円 ▶新発表
海側バルコニー 598,000円 298,000円 ▶新発表
出発日2024年12月11日(火)
日数15日間
内側船室
(一人部屋追加)
498,000円

164,000円

海側船室
(一人部屋追加)
549,000円

219,000円

海側バルコニー
(一人部屋)
598,000円

298,000円

ポイント
催行状況▶新発表
パンフレットPDFパンフレット

❖ ツアーのポイント

当ツアーで訪れる小さな島国

ドミニカ共和国(プエルト・プラタ)

カリブで2番めに大きな島イスパニョーラ島の東半分を占める国の北側のコロンブスが名付けたと言われる港町。4日目に寄港。カラフルな街並み、緑あふれる公園など、のんびりした雰囲気に溢れます。

サロン

米領プエルトリコ

現在はアメリカ合衆国の自治領となっていますが、かつてはスペインの植民地でした。今でも建築、食べ物、音楽、言語に、さまざまな形でスペインの伝統が色濃く残っています。

米領ヴァージン諸島

米領ヴァージン諸島

1917年より米国の領土であるアメリカ領ヴァージン諸島は、「アメリカの楽園」と呼ばれるアメリカ領ヴァージン諸島は、美しい白砂のビーチ、ターコイズ色の海、フレンドリーな人々で知られています。

アンティグア・バーブーダ

小アンティル諸島にある島国で首都はセントジョンズ。人口は約9万人。英連邦王国の一国である。18世紀建造のジョージア様式の英国海軍造船所跡ネルソンズ・ドッグヤードが世界遺産に指定。(OPツアーにて)

セントキッツ&ネイビス

セントクリストファー島(セントキッツ島)とネイビス島の2つの島からなる、英連邦王国の一国を形成する立憲君主制連邦国家。イギリスの植民地時代の建物が並ぶ、明るい開放的な港町。

オランダ領セントマーチン

島の中央は山脈が通り、島中央の境界線を挟んで北がフランス領、南がオランダ領となっているセント・マーチン島。頭上ギリギリに航空機が着陸することで有名です。(9日目:OPツアーにて)

英領ヴァージン諸島

4つの大きな島々と数十の小さな島々で構成されています。イギリス領のため、知事は女王により任命され、すべてのイギリス領ヴァージン諸島民がイギリス国民です。

バハマ国

フロリダ半島から800kmのカリブ海に浮かぶ島国。約700の島とサンゴ礁のうち、有人島は30ほど。白い砂浜とヤシの木の生える海岸、海洋性のおだやかな気候で世界屈指のリゾート地となっています。



❖ ノルウェージャン・ブレイクアウェイ
◎カジュアルクラス

■総トン数:145,655トン

■就航年:2013年(2020年改装)

■乗客定員:3,903人 ■乗組員数:1,657人

■全長:326m、全幅:52m

フリースタイル・クルーズがコンセプトのノルウェージャン・クルーズライン。ドレスコードがないためフォーマルウェアも不要。気軽に楽しめる船として人気です。

船室一例
内側船室例
レストラン
海側船室例
バルコニー例
バルコニー例
サンデッキ
本場ブロードウェイのダンス・ショー「バーン・ザ・フロア」
サロン
4分の1マイルあるオーシャンフロントプロムナード「ザ・ウォーターフロント」

❖ ツアー地図

カリブ海の小さな島国を巡る船旅地図 カリブ海の小さな島国を巡る船旅地図

❖ ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

都市名スケジュール
1

東京 ▶▶ マイアミ

東京 ▶▶ マイアミ

■午前~夕刻、成田または羽田空港より、空路、北米内都市乗り継ぎ、マイアミへ向かいます。

■夕刻~深夜、マイアミ着。着後、ホテルへ。

🅷:マイアミ泊

食事 朝:- 昼:✈ 夕:✈

2

マイアミ

マイアミ

■昼前、マイアミ港へ向かい、「ノルウェージャン・ブレイクアウェイ」に乗船

■夕刻(17:30)、マイアミ港を出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3

航海日

航海日

■終日、船内にてお楽しみ下さい。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4

ドミニカ共和国

プエルト・プラタ

▶︎ ドミニカ共和国:プエルト・プラタ ▶︎

■午前(08:00)、ドミニカ共和国のプエルト・プラタに寄港。

OP市内観光「ディスカバー・プエルト・プラタ(約4時間:目安89米ドル)は如何でしょうか。

■夕刻(17:00)、プエルト・プラタ出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5

プエルトリコ

サン・ファン

プエルトリコ:サン・ファン▶  

■午前(09:00)、プエルトリコのサン・ファンに寄港。

OPサン・ファン旧市街の徒歩観光(約2.5時間:目安75米ドル)は如何でしょうか。

■夜(20:00)、サン・ファン出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6

米領ヴァージン諸島

セント・トーマス島  

米領ヴァージン諸島:セント・トーマス島

■午前(08:00)、アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島に寄港。

OP セント・トーマス島のパノラマ観光約2時間:目安69米ドル)は如何でしょうか。

■夕刻(18:00)、セント・トーマス島出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

7

アンティグア・バーブータ

セント・ジョンズ

アンティグア・バーブータ:セント・ジョンズ

■午前(08:00)、アンティグア・バーブータの首都セント・ジョンズに寄港。

OP 世界遺産ネルソンズ・ドッグヤードと島内ドライブ観光(約3時間:目安109米ドル)は如何でしょうか。

■夕刻(18:00)、セント・ジョンズ出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8

セントキッツ&ネイビス

バセテール

▶︎ セントキッツ&ネイビス:バセテール ▶︎

■午前(08:00)、セントキッツ&ネイビスの首都バセテールに寄港。

OP セントキッツ・シーニック鉄道乗車(約3時間:目安140米ドル)は如何でしょうか。

■夕刻(18:00)、バセテール出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9

蘭領セントマーチン

フィリップス・バーグ

  

▶︎ 蘭領セントマーチン:フィリップス・バーグ

■午前(08:00)、オランダ領セントマーチンのフィリップスバーグに寄港。

OP 飛行機がギリギリに着陸することで有名なマホビーチの観光(約4.5時間:目安70米ドル)は如何でしょうか。

■夕刻(18:00)、フィリップスバーグ出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

10

英領ヴァージン諸島

トルトラ島

英領ヴァージン諸島:トルトラ島

■朝(06:00)、イギリス領ヴァージン諸島のトルトラ島に寄港。

OP 市内観光「ディスカバー・トルトラ(約3.5 時間:目安80米ドル)は如何でしょうか。

■午後(13:00)、トルトラ島出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

11航海日

航海日

■終日、船内にてお楽しみ下さい。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

12

バハマ国

グレートスターラップケイ

バハマ国:グレートスターラップケイ

■午前(10:00)、バハマのグレートスターラップケイに寄港。ノルウェージャンクルーズラインのゲスト専用のプライベートアイランドです。 白砂のビーチでゆったりと過ごし、様々な方法でパラダイスを満喫下さい。

■夕刻(18:00)、グレートスターラップケイ出港。

🅷:船中泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

13マイアミ

▶ マイアミ

■朝(07:00)、マイアミ港に入港、下船。

■下船後、ホテルへ。ホテルにてスーツケースを預け、その後、自由行動。※ホテルのチェックインは午後~夕刻になります。

🅷:マイアミ泊

食事 朝:○ 昼:- 夕:

14

マイアミ

マイアミ ▶▶

■朝~午前、空路、北米内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

🅷:機中泊

食事 朝:- 昼:✈ 夕:✈

15東京

東京

■午前~夜、成田または羽田空港着。通関後、解散。

❖ 条件/ご案内

■ご案内

◎利用予定航空会社:ユナイテッド航空。、アメリカン航空、デルタ航空、エアカナダ、アエロメヒコ航空、カタール航空、エミレーツ 航空、ターキッシュエアラインズ、フランス航空、KLMオランダ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ・ドイツ航空、全日空、日本航空。

◎添乗員:成田または羽田空港より全行程同行します。

◎食事:朝食12回・昼食11回・夕食11回(機内食除く)

◎旅券残存期間:下船時6カ月以上

◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

◎最少催行人員:10名(最大20名)

旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます

◎米国電子渡航認証システム(ESTA)要:21米ドル

◎渡航認証システム申請代行手数料:4,400円(税込)

◎成田空港使用料・保安サービス料:3,160円

◎国際観光旅客税:1,000円

◎燃油サーチャージ目安:70,000円(2024年6月現在)

◎政府関連諸税:53,780円

◎港湾税:77,550円 ※一人部屋利用の場合155,100円

◎船内チップ:目安1泊20ドル(船内払い)


■寄港地観光について

船内にて販売している寄港地観光をお買い求めいただきます。下記ご旅程表中に弊社おすすめツアーOPを記載しています。それらオプショナルツアーには添乗員が同行します。

※寄港地観光は満席になる場合もございます。その場合、添乗員が町の散策にご案内します


■ご案内/ご注意

※羽田空港発となる場合もございます。羽田発となった場合、空港使用料・保安サービス料は3,050 円となります。

※テンダーボートを利用しての上陸になる場合もございます。

※各寄港地におけるオプショナル・ツアーの内容や料金は変更になる場合がございます。予めお含みおき下さい。

※2011年3月1日以降にイラン、イラク、シリア、スーダン、イエメン、ソマリア、リビア及び北朝鮮に渡航または滞在したことがある方、また2021年1月2日以降にキューバに渡航したことがある方は、米国非移民ビザ(実費185米ドル)の取得が必要となるため、必ずお申し出下さい。

◎取消料(出発日の前日から起算)

89日前~75日前お支払対象旅行代金の10%
74日前~50日前お支払対象旅行代金の12.5%
49日前~29日前お支払対象旅行代金の25%
28日前~15日前お支払対象旅行代金の37.5%
14日前~出発当日お支払対象旅行代金の50%
旅行開始後または無連絡不参加お支払対象旅行代金の100%

●取消料の対象となるお支払い対象旅行代金とは、旅行代金に追加代金(一人部屋利用追加代金・航空機の等級の変更による差額・運賃)を加えた合計額です。

●旅行代金は、ご出発日の前日から起算して、90 日前までにお支払い下さい。