旅のデザインルーム旅のデザインルーム
 

出発日/料金

出発日
料金

|

ツアーのポイント

ポイ
ント

|

地図

地図

|

ツアー日程

日程

|

条件/ご案内

条件

     
ノンハン湖

赤い蓮の海ノンハン湖と ラオス周遊 10日間

東京/大阪発着同一料金 タイ北部の絶景「赤い蓮の海」と世界遺産ルアンパバーン、謎のジャール平原、南部コーンの滝などラオス周遊の旅!

❖ 出発日/料金

旅行期間:10日間

2025年1月15日(水)~1月24日(金)

2025年1月22日(水)~ 1月31日(金)

PDFパンフレット
出発日 旅行代金 1人部屋追加代金 ポイント 催行状況
1月15日 459,000円 77,000円 ▶新発表
1月22日 459,000円 77,000円 ▶新発表
出発日

2025年1月15日(水)、1月22日(水)

日数

10日間

旅行代金 459,000円
一人部屋追加代金77,000円
ポイント
催行状況▶新発表
パンフレット PDFパンフレット

■関連ツアー

タートルアン祭とラオス大周遊 ~絶景バンビエンに2連泊~ 10日間 11/12発

❖ ツアーのポイント

アジアの原風景が残る素朴で温かな国・ラオス。特に古都ルアンパバーンは「ラオスの京都」と称されるほど仏教寺院が点在し、その美しさから世界遺産に指定されています。当ツアーでは、その他、南部メコン・デルタ、首都ビエンチャン、絶景バンビエン、世界遺産ジャール平原など、ラオスの魅力の全てを巡ります。

また、2021年に開通したラオス初の高速鉄道にも乗車。そして、時期限定・タイ北部の「赤い蓮の海」ノンハン湖へも足を延ばす魅力満載の旅です。

● イヤホンガイドサービスを使用します

● 昼食時、夕食時にドリンク・ウォーターをサービスします


"赤い蓮の海" ノンハン湖

ラオス国境近くのタイ北部ウドンタニ近郊に位置するノンハン湖。通称「赤い蓮の海=タレープアデーン」とも呼ばれる広大な湖で、その大きさは東京の葛飾区とほぼ同じ。例年12月から2月、赤い蓮の花が水面を埋め尽くし、息を呑むほどに美しい光景を見ることが出来ます。満開となる早朝6時~11時が最も美しい時間帯です。

ノンハン湖
ノンハン湖
ノンハン湖
ノンハン湖
クアンシーの滝

カルスト地形によって石灰分を含んだ水が流れ無数の石灰棚が造形されました。水中に差し込む太陽光と石灰0によって滝の水はターコイズブルーに輝きます。乾季限定の絶景なのです。

クアンシーの滝
「ラオスの桂林」バンビエン

バンビエン

❖ 当ツアーで訪れる世界遺産
❶クメール遺跡ワット・プー❷ジャール平原❸古都ルアンパバーン
❖ 世界遺産ジャール平原

2019年に世界遺産に指定されたジャール平原。砂岩を削った高さ1m~3mの石壺が2100個以上確認されています。酒壺、米壺、石棺など様々な説がありますが、未だ謎のミステリースポットなのです。

ジャール平原
ジャール平原
ジャール平原
ジャール平原
❖ 世界遺産の古都ルアンパバーン

朝の托鉢風景や夜の賑やかなナイト・マーケットなどにもご案内します。

ナイトマーケット
ナイトマーケット
朝の托鉢
朝の托鉢

❖ ツアー地図

ノンハン湖とラオス地図sp ノンハン湖とラオス地図pc

❖ ツアー日程(◎:入場観光、○:下車観光、△:車窓観光)

  • 1日目:東京(大阪)✈ ビエンチャン
  • ■朝、成田(関西)空港より、空路、ホーチミン乗り継ぎ、プノンペン経由、ラオスの首都ビエンチャンへ。

    ■夜、着後、ホテルへ。

  • 《ビエンチャン泊》
  • 食事 朝:- 昼:✈ 夕:○
  • 2日目:ビエンチャン ▶ パークセー(コーン瀑布)
  • ■午前、空路、ラオス南部の中心地パークセーへ。

    ■着後、ラオスとカンボジアの国境に広がるコーン瀑布の観光。メコン河最大のコーン・パペンの滝○(高さ15m、幅300m)、精霊が住むと信じられているソン・パミットの滝○など。観光後、パークセーに戻ります。

    ★夕食は、代表的なラオス料理ラープ(野菜、もち米とともに食べる肉料理)をどうぞ。

  • 《パークセー泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 3日目:(ワット・プー)パークセー ✈ ビエンチャン ▶ タイ:ウドンタニ
  • ■午前、チャム様式とヒンドゥー様式が融合したクメール遺跡ワット・プー世界遺産◎、ワット・プー遺跡展示館◎にご案内します。観光後、パークセーに戻ります。

    ■午後、空路、ビエンチャンに戻ります。その後、国境を越え、タイのウドンタニへ。

  • 《ウドンタニ泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 4日目:タイ:ウドンタニ(ノンハン湖) ▶ ビエンチャン
  • ■早朝、「赤い蓮の海」ノンハン湖○の観光。小舟に乗って湖一面に赤く咲き誇る蓮の花をご覧下さい。観光後、ビエンチャンに戻ります。

    ■午後、ビエンチャン市内観光。ラオス最大の仏塔でビエンチャンの象徴タート・ルアン◎、エメラルド仏を安置したワット・ホーパケオ◎、ワット・シーサケット◎、凱旋門を模したパトゥーサイ(アヌサワリー)○、タラート(市場)○など。

  • 《ビエンチャン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 5日目:ビエンチャン ▶ ラオス高速鉄道 ▶ バンビエン(ナムソン川クルーズ、タムチャン洞窟)
  • ■午前、ビエンチャン駅よりラオス初の高速鉄道(ファーストクラス)に乗車し、ナムソン川と岩山の織りなす絶景で知られる景勝地バンビエンへ。(所要約1 時間)

    ■午後、バンビエンの観光ナムソン川のボートクルーズへ。桂林を思わせる風光明媚な景色をのんびりとお楽しみ下さい。その後、タムチャン洞窟へ。ライトアップされた幻想的な鍾乳石の数々をご覧下さい。

  • ❖ バンビエン/ナムソン川沿いのリゾートホテル泊

    バンビエンでは2連泊し、ナムソン川クルーズやエメラルド色に輝く湖ブルーラグーン、幻想的なタムチャン洞窟訪問などにご案内。

    thavonsouk
    thavonsouk
    《バンビエン/ナムソン川沿いのリゾートホテル泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 6日目:バンビエン ▶ シェンクワン(ジャール平原)
  • ■午前、のどかな山々を車窓に、ジャール平原のシェンクワンに向かいます。

    ■午後、シェンクアン着。着後、2019年に世界遺産に指定された、400個に及ぶ巨大な石壺が無造作に転がる謎の遺跡群、ジャール平原世界遺産○をご覧いただきます。

  • 《シェンクワン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 7日目:シェンクワン ▶ プークーン ▶ ルアンパバーン
  • ■朝、緑と山に囲まれた世界遺産の古都ルアンパバーンへ向かいます。

    ■途中、プークーン○の町に立ち寄り、市場〇にご覧いただきます。

  • 《ルアンパバーン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 8日目:ルアンパバーン滞在(メコン河クルーズ) (パクウ洞窟)
  • ■午前、メコン河をボートで遡り、無数の仏像が安置されるパクウ洞窟◎を訪問。また、ラオスの焼酎「ラオラーオ」の製造で知られるサンハイ村○に立ち寄ります。

    ■午後、ルアンパバーン市内観光。町を見渡すプーシーの展望台○、王宮博物館◎。

    ❖ 夜、ご希望の方は、ナイト・マーケットにご案内します。

  • 《ルアンパバーン泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:○
  • 9日目:(クアンシーの滝)ルアンパバーン ✈
  • ❖ 早朝、ご希望の方は、托鉢見学にご案内します。

    ■午前、引き続きルアンパバーン市内観光。黄金のレリーフが見事なワット・マイ・スワナプーマハム◎、別名「すいか寺」とも呼ばれるワット・ビスンナラート○、ワット・タートルアン○、外壁のモザイク画が有名なワット・シェントーン◎など。

    ■午後、近郊のクアンシーの滝○にご案内します。滝壺が美しいエメラルドグリーンで、中国の黄龍のような石灰棚もございます。規模は大きくないですが、知られざる絶景スポットです。観光後、空港へ。

    ■夜、空路、ハノイ乗継ぎ、帰国の途へ。

  • 《機中泊》
  • 食事 朝:○ 昼:○ 夕:-
  • 10日目:東京(大阪)
  • ■朝、成田(関西)空港着、入国、通関後、解散。

  • ❖ 条件/ご案内

    ◎利用予定航空会社:ベトナム航空。

    ◎添乗員:成田空港より全行程同行します。

    ◎海外空港諸税:旅行代金に含まれます。

    ◎食事:朝食8回・昼食8回・夕食7回(機内食除く)

    ◎ホテル:スタンダード~ファーストクラスの厳選ホテル。詳しくは、お問い合わせ下さい。

    ◎旅券残存期間:ラオス入国時6カ月以上

    ◎旅券査証欄余白:見開き2ページ以上

    ◎最少催行人員:10名(最大20名)

    ◆旅行代金以外に下記費用を別途申し受けます◆

    ◎成田空港使用料・保安サービス料:3,160円(関西空港:3,100円

    ◎国際観光旅客税:1,000円

    ◎燃油サーチャージ目安:34,420円(2024年6月現在)



    ※ラオスの国内線スケジュールは流動的な為、訪問・宿泊地、順序、観光内容などに変更が生じる場合がございます。お含みおき下さい。