旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 ツアー訪問地


ベンガル虎が生息するデルタ地帯を探訪。
桜の季節にメガラヤ州を訪ねます

ベンガル虎、シュンドルボンの森と
一角犀・カジランガ国立公園の旅
10日間


出発日  料金 
2018年11月5日
桜の季節
349,000円
一人部屋利用追加料金 60,000円
利用予定航空会社 エア・インディア
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 3,500円
査証(インド) 取得します
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員 12名(最大20名)様
燃油サーチャージは別途頂きません


インド桜

コースのポイント
インド好きの方でも余り訪ねる機会の多くなかったインド東北部に焦点を当てたコースです。併せてベンガル・タイガーが生息すると言われるベンガル湾の広大なデルタ地帯を訪ねるなどインドの知られざる地方をご紹介します。

☆西ベンガル州
ベンガル湾に注ぐ大河プラマプトラ川が網の目のように分かれ形造られるデルタ地帯は東はバングラデシュ、西はインド・西ベンガル州に分かれます。マングローブのデルタ地帯には虎、鹿、猿、カワウソ、多様な鳥類の生息地として知られています。このデルタ地帯をボートで進み自然の動物たちを観測します。

☆メガラヤ州
低地アッサム州とは異なり標高1,000m前後の高原地帯に位置します。モン・クメール語族のカーシ族やチベット・ビルマ語族のガロ族が大多数を占めまが、イギリス支配の影響でキリスト教徒が多いのが特徴です。南部のバングラデシュの平原からそそり立つ丘陵地帯は世界で一番の多雨地帯として知られています。

☆アッサム州
アッサム・ティーの名は日本でもつとに知られていますが、この州の中央部には大河プラマプトラが東西に流れています。流域のカジランガ国立公園は世界遺産に登録されており一角サイの生息地として有名です。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム