旅のデザインルーム トップページへ  アジアへの旅  
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アジアへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金

聖地ベナレスからアジャンタ・エローラ石窟、
そしてインド最南端コモリン岬まで

悠久の大地を訪ねるインド大紀行
20日間


出発日  料金 
2018年11月21日 519,000円
一人部屋利用追加料金 105,000円
利用予定航空会社 エア・インディア等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 14,730円
査証(インド) 取得します
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員 12(最大20)名様
燃油サーチャージは別途頂きません



アジャンタ石窟

コースのポイント
日本の8,7倍の面積を持ち、11億人を超える人口を擁するインド。インド亜大陸の名があるように一つの世界を形成しています。しかしそこには各種の宗教、民族、文化が複雑に入り、一言では言い表せない世界が広がっています。この度はデリーを中心とし、イスラム・ムガール帝国の残滓を留めるアグラ、ジャイプールからヒンドゥー教の聖地ベナレスへ。全世界の仏教徒の聖地であるブッダガヤを北インドに訪ねます。通常のインド観光ではコースに組み入れにくいコルカタ(旧カルカッタ)を訪ねた後はインド南部へ。南部は北インドで優勢な外来のアーリア系インド人ではなく、土着のドラヴィダ系インド人の世界です。寺院建築、風俗、食物も北部とはがらりと異なります。インド最南端コモリン岬にまで足を延ばします。この度は20日間というインド・ツアーとしては長い日程のため各地連泊を極力とるようにコース造りをしました。移動するにつれ移り変わる風土、民族、宗教、文化を感じていただける旅です。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム