旅のデザインルーム トップページへ  東京:03-3567-9191 大阪:06-6201-0831
詳細パンフレットご請求はこちら
 
 top > アフリカへの旅
ツアー名・出発日・旅行代金 コースの見どころ


特別企画
ベストシーズンの乾季に
短期間で象牙海岸を訪れる旅です


コートジボワール共和国・
アビジャン視察と
世界遺産グランバッサム滞在の旅
6日間


出発日  料金 
2018年3月18日 498,000円
一人部屋利用追加料金 49,800円
利用予定航空会社 エチオピア航空等
成田空港使用料
保安サービス料
2,610円
海外空港諸税 13,690円
査証(コートジボワール) 取得します
イエローカード必要
査証取得代行手数料 4,320円
最少催行人員  8名様
※燃油サーチャージは別途頂きません。


グラン・バッサム

コースのポイント

◆アフリカの独立国家の数 54ヶ国◆
アフリカの独立国で日本政府が国家承認している国は54ヶ国あります。しかしながら、アフリカンスタンダードでは一般的には55ヶ国というのが正解です。これはアフリカ連合加盟国の数と一致します。加盟国の中で、日本の未承認国家は西サハラの亡命政府サハラ・アラブ民主共和国(SADR)です。またアフリカの中にはソマリアから一方的に独立を主張するソマリランドという自称国家もあり、ここはどこからも国家承認されておらず、アフリカ連合にも非加盟です。

◆コートジボワール共和国◆
ジンバブエとは、ショナ語で「石の家」を意味し、国名の由来となっています。エジプトのピラミッドに次いで世界で2番目に大きな石造建築遺跡。13世紀から15世紀にかけて興隆したショナ人による王国のものと推測されています。遺跡のシンボル、美しい曲線を持つグレート・エンクロージャー(神殿跡)は外壁の周囲が244m、高さ11mと巨大なもので、高い技術によって建設されたと考えられています。1986年、国史跡グレート・ジンバブエ遺跡として世界遺産に登録されました。

グランバッサムの歴史都市(ユネスコの世界遺産)
ボツワナ北部のオカバンゴ・デルタは、世界最大級の内陸デルタ。アンゴラに降った雨が平坦な地形をゆっくりと流れ、約半年かけてカラハリ砂漠に注ぎ込み出来る湿地帯です。降雨から半年かけて水が到達するため、雨季の1月にデルタは最小サイズとなり、5月から8月の乾期に最大サイズとなるのです。乾季に水があるため、カラハリ砂漠から多くの動物達が集まり、まさに動植物の楽園となるのです。モコロと呼ばれる細長い木製のカヌーに乗って、ゆっくりとデルタ内を回り、水鳥や水辺の動物達を静かに観察します。デルタの美しさ、生物多様性、絶滅危惧種の保護などの理由で、2014年に世界自然遺産に登録されました。

★秘境の旅に関するご案内とお願い★
◇観光客、及び日本人が訪れることが稀な国々です。その為、出入国の審査において、時間を要する場合が殆どであることお含みおき下さい。
◇航空便のスケジュールが流動的な地域です。そのため、観光順序・内容などに変更が発生する可能性が高いコースであること、予めお含みおき下さいますよう、お願い申し上げます。フライトの遅延・欠航など当社の関知しない事由により旅程を変更せざるを得ない場合や帰国が遅れた場合など、追加で必要となる費用は、旅行業約款に基づき、ご参加者の皆様にご負担いただくことになります。予めご了承の上、お申込み下さいますよう、お願いいたします。
◇安心のため、当社提携・東京海上日動の偶然事故対応費用を含む海外旅行保険にご加入いただくことを、強くお勧めいたします。
◇場所柄、ホテルの設備は国際レベルには及ばず、簡素なものとなります。浴室はシャワーのみが基本となり、一斉にシャワーを使用すると一時的にお湯の出が悪くなります。
◇お客様ご自身でスーツケースをお運びいただく場合もございます。
◇土地柄、お一人様が二席お使いいただける大型バスはございません。

このページの先頭へ ホームページ表紙へ 出発確定・予定一覧へ

Copyright (c) 2017 TDR TOURS' EXPRESS, INC. All rights reserved. 株式会社 旅のデザインルーム